FC2ブログ

真夜中のあっち側

拡張系サークル【真夜中のあっち側】午前の何か書くブログ
2008年05月 | 真夜中のあっち側
トップ
2008/05/27(火) [雑記]

欲しいよ欲しいよドクロストン

インディの水晶ドクロ、大英博物館とスミソニアン所蔵も偽物


おしおきだべぇ~。


偽物というか、そもそも水晶ドクロというのは「古代文明のオーパーツ」ではないのでどれも本物っちゃー本物ですが。

1927年にイギリスの探検家フレデリック・アルバート・ミッチェル・ヘッジスと養女のアナがベリーズのルバアントゥン遺跡で発見したことになっていますが……

・ヘッジスはそもそも1926年にはイギリスに帰国していた
・アナがベリーズに入国した形跡はない
・探検時の写真は多く残っているが、アナや水晶ドクロを写した写真は一枚もない
・探検のメンバーであったトーマス・ガン博士の著書『マヤの歴史』(1931)には水晶ドクロに関する記述はない
・ヘッジス自身の著書『謎と恐怖の地』(1931)にも水晶ドクロの記述はない
・初めて水晶ドクロに関する記述がされた雑誌『人間』の記事(1936)では、その持ち主とされているのはロンドンの美術商シドニィ・バーニィである
・ロンドン美術館に「1944年にヘッジスが美術商のシドニィ・バーニィから400ポンドで水晶ドクロを買った」という記録が残っている
・ヘッジスの自伝『我が同胞の危機』(1954)には水晶ドクロに関して多少の記述があるが、その出自については「わけあって言えない」と書いている。更にこの記述自体が後の版では消されている

怪しいというかなんというかw

また、よく「現代の技術で作ることは不可能である」などと言われますが、そんなことはないのは今回のニュースでも分かるとおりですね。

もっともオーパーツではなくても精巧に出来た工芸品であるのは間違いないですし(ピンキリありますが)、神秘性を感じさせる美術品ということで十分ではないでしょうか。
2008/05/18(日) [作品情報]

拡張子

新作原稿あがりました。
タイトルは「拡がっちゃうのがイイの」。
異物拡張オ○ニー好きの少女八尋がバットでゴニョゴニョする話。
表紙はこんなので。

八尋表紙


タイトル決定がいままでになく難航したのはヒミツですよ。
2008/05/10(土) [今日の妖怪]

今日の妖怪「ぬ」・ピンクですが人妻かどうかは?

【塗壁(ぬりかべ)】
塗壁

 鬼太郎ファミリーで有名になった、福岡県の海岸に現れたという怪異。
 夜道で突然壁のようなものに阻まれ、それ以上進むことができなくなる。
 棒で下の方を払えば消えるという。

 水木しげる氏が南方のジャングルで出遭った塗壁らしきものは、
途方に暮れて一服していると自然に消えたらしい。

 人を塗り込めたり吸い込んだ水を噴射したりはしないようである。

----------------------------------------------------------------

 妖怪塗壁のサエ。
 魂数年分と引き換えに妖怪がらみの事件を解決してくれる、
物好きな妖怪達の溜まり場「妖処(あやかしどころ)ちみ屋」の常連の一人。

 いつもぼーっと眠そうにしており、寝ることと食べることが大好き。
 特に食欲は旺盛で、小さい身体のどこに入るのかと思うほど大量に食べます。
 魂の唐揚げが大好物のひとつ。

 自分の近くに瞬時に壁を建てる妖術を備えており、
その場に材料となるものがあれば土や石のみならず水や植物の壁を作ることもでき、
これを用いて相手の攻撃を防御することに長けています。
 でも足元がおろそかで下からの攻撃には弱い模様。

※画像の比率を多少修正しました(5/14)