FC2ブログ

真夜中のあっち側

拡張系サークル【真夜中のあっち側】午前の何か書くブログ
地球の奇習・奇祭 盗人の悪霊引き出し『カヴェ・カナクケ』 | 真夜中のあっち側
トップ
2017/09/15(金) [絵]

地球の奇習・奇祭 盗人の悪霊引き出し『カヴェ・カナクケ』

南米××××のカチュ族で行われる刑罰の一種。

カチュ族では、人が盗みを行うのは「シウ・カヴェ」あるいは「カヴェ・クシ」と呼ばれる悪霊に取り憑かれるためであるとされており、盗みを働いた者があると呪術師に依頼して悪霊を取り出す。

悪霊の力が最も弱くなる朝に盗人を柱にくくりつけ、呪術師が香を焚くなど事前の準備を行ったのち、盗人が男性の場合は肛門、女性の場合は性器もしくは肛門から手を入れて悪霊を引き出す。これは悪霊が腹に入り込んで人をそそのかすとされているためであり、引き出された悪霊は呪術師が二度と悪さをしないように説得して森へ返す。

170915_カヴェ・カナクケ
悪霊引き出しの儀式を受ける少女 この時の悪霊は強力で、儀式は真夜中過ぎまでかかった

この儀式は悪霊の力によっては大変長い時間がかかり、時には両手を使っても夜中までかかってしまうこともある。盗人はこの間大変な苦痛を受けるため悪霊払いであると同時に刑罰の意味も持つが、中には性的興奮を覚えたり正気を失う者もいるという。

『地球の奇習・奇祭』民明書房刊

コメント

コメントの投稿

  • コメント
  • パスワード(設定すれば後で編集・削除ができます)